【顧問プラス】顧問契約や顧問派遣・企業顧問で経営サポート(アクト・ジャパン)

  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせ

コラム一覧

企業の課題を解決する経営顧問の役割とは?

経営顧問とは企業の様々な課題に対して、その分野のプロの視点を持って支援・課題解決をする役割を担っています。冷静な判断で企業の課題解決と利益拡大に貢献するのが経営顧問の仕事です。

・・・つづきはこちら

銀行出身者を経営顧問に迎える~そのメリット厳選7種

日本の経済状況は今また予断を許さず、一寸先は闇といえます。こうした情勢下で企業の安定経営および成長を企図するための得策とは?銀行出身者を経営顧問に迎えたケースで解説します。

・・・つづきはこちら

企業の成長と躍進を支える存在
~経営顧問活用事例・厳選3エピソード

経営顧問は、戦国時代の軍師のごとく、経営者への高度なアドバイスや業務全体のフォローを行います。実績を残すために、実際の経営顧問の活用事例を厳選の上で紹介しています。

・・・つづきはこちら

企業出身経営顧問を迎える
~シニアエグゼクティブ招聘による見逃せない17のメリット

大手企業出身の顧問を迎えることで、中小や、ベンチャー企業の経営基盤強化やステージアップを狙うことが可能です。こちらでは、どのようなメリットをもたらすのか、具体的に紹介しています。

・・・つづきはこちら

経営者必見! 部長クラスの転職で舞い込む自社のメリット

近頃では中間管理職クラスの社員がヘッドハンティングの対象となるケースも多いとされています。こちらでは、企業側の立場に特化して職者が転職してきた場合のメリットを解説します。

・・・つづきはこちら

“顧問”とはどんな役職か~経営に与える好影響とは?

政党や会社、財団法人などに関するニュースや文書で頻繁に見かける“顧問”という肩書。こちらでは、意外に知られていない顧問の仕事内容と、 経営に与える好影響について解説しています。

・・・つづきはこちら

経営顧問契約時に気をつけることは?

今の時代、多くの企業が経営顧問と契約をしています。全く別の視点から物事を見てくれ、助言をくれるでしょう。ただ報酬面やその他についても気を付けるべきことはたくさんあります。

・・・つづきはこちら

経営顧問に支払う報酬の適正額について

企業の経営状態を良くするために経営顧問に依頼をするケースがあります。無知な場合は、報酬のことなどで損をすることもあるでしょう。自社の状況に合ったコンサル会社を選んでください。

・・・つづきはこちら

経営顧問によるマーケティング戦略の改善

自社で業績改善を目指しているけど手をこまねいているだけという例もあります。経営顧問に依頼することで、自社にとって最適なマーケティング戦略を提案してくれるでしょう。

・・・つづきはこちら

経営顧問による海外進出支援について

海外進出を夢見ている企業にとって、経営顧問はとてもありがたい存在です。経験が全くないと成功する確率が下がりますが、専門家でもある経営顧問に頼ることでアドバンテージを得られます。

・・・つづきはこちら

悪質な経営顧問にご注意

経営顧問にお願いしていたら安心だ!なんてことはありません。悪質なコンサルタントもいて、倒産させられかねません。また自分のお金儲けのネタにしか考えていない人もいます。

・・・つづきはこちら

経営顧問が活躍する分野は多岐にわたる

事業を行っていて経営のことなどで悩んだり困ったりすることもあるでしょう。でも今は様々な業種や分野に対応している経営顧問サービスがあるので是非とも活用したいです。

・・・つづきはこちら

経営コンサルタントと企業顧問の違い

経営コンサルタントや経営顧問にアドバイスをもらっている経営者もいます。しかしこの両者は似てはいますが別物で、強みも全く異なります。自社の状況に応じて使い分けましょう。

・・・つづきはこちら

人脈・ノウハウを経営顧問で活かせるOB顧問

自社の経営に限界を感じて経営顧問を迎えることがあります。最近人気なのは優秀な経歴を持っているOB顧問に依頼するというもので、尋常ではない人脈や素晴らしいノウハウを提供してくれます。

・・・つづきはこちら

経営顧問が必要とされる会社とは

経営顧問を頼っている会社とそうでない会社があります。もし自社内では賄えないことがある、より良い結果を出したい、という思いがあるのなら、経営顧問を活用したいです。

・・・つづきはこちら

顧問戦略会議で課題解決を目指す

経営顧問を雇うのは良いことですが、いろいろとリスクもあります。顧問プラスの顧問戦略会議だと、そういったリスクを最小限にでき、より良い戦略を知ることができるでしょう。

・・・つづきはこちら

経営顧問が懸念する「習慣への固執」

企業経営をしていると壁にぶち当たることもありますし、そんな時には既存の習慣を捨てることも必要かもしれません。とにかく経営顧問などの第三者を交えることも大事なことです。

・・・つづきはこちら

経営顧問がいれば「思考停止」にはさせない

経営顧問の存在があることによって、より良い経営戦略が立てられます。思考停止になってしまうのを防いでくれますし、広い視野で現状を把握して適切なアドバイスを授けます。

・・・つづきはこちら

経営顧問の選び方のポイント

経営顧問の選び方は簡単なようで難しいもので、選び方を失敗すると良い結果を出すことはできません。相性や経験、そして資格など、経営顧問を選定する際の基準はいろいろあるのです。

・・・つづきはこちら

経営顧問と関係のある学位・資格

経営顧問を選ぶうえで学位や資格は考慮すべきポイントです。MBA等の学位や各種資格所持者はおすすめです。自社の業務内容に合った資格を持っている経営顧問を選びましょう。

・・・つづきはこちら

経営顧問は、
「企業のかかりつけ医」という発想

企業を経営していくうえで欠かすことができない存在が経営顧問です。経営顧問を難しく捉えずに、自社にとってのかかりつけ医のようなイメージでなんでも相談すると良いでしょう。

・・・つづきはこちら

経営コンサルティングには
経営顧問の他に2つの契約形態がある

経営顧問を利用する前に、経営コンサルティングの契約形態についてはご存知ですか?経営顧問プラン、スポット契約、そしてプロジェクト契約があり、自社にマッチしているものを選択します。

・・・つづきはこちら