【顧問プラス】顧問契約や顧問派遣・企業顧問で経営サポート(アクト・ジャパン)

  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせ

経営顧問契約時に気をつけることは?

経営顧問を有効に活用するために

経営顧問を有効に活用するために 優れた経営者がいたとしても、人間一人の能力には限度があります。
企業の経営者であれば、経営顧問を雇うのに越したことはありません。
経営に必要なものに、客観的なアドバイスがあります。
経営の判断について相談できる外部の良きパートナーがいてこそ、経営も優れたものになるのです。
そこで、コンサルタントと経営顧問契約を結びたいと思われるでしょう。
ただ、そう簡単に契約に踏み切れるかというと、そうでもありません。
お金をかけてそれだけのメリットがあるのか、トラブルだけが降りかかりはしないか、それなら何もしない方が得です。
経営顧問がいくら経営のプロだとしても、契約して成果を出してもらうには、その契約をしっかりしておかなければならないのです。

経営顧問契約書を交わすにあたって

では、経営顧問契約の内容はどのようになっているのでしょうか?
一言でコンサル業務といっても、何でも請け負えるものでもありません。
後々になって、トラブルになる場合もあるかもしれません。
専門知識に基づいて助言をしてくれるだけでなく、実際に行動してくれるコンサルタントもいます。
案件内容によっては、助言もしてくれない場合だってあります。
こうしてみると、契約時に書面で経営顧問の守備範囲を明確にしておく必要があるといえます。
業務の内容を助言などと漠然とさせず、具体的に記載して特定させておくということです。
また、業務に対する報酬の面でも問題は起きやすいのが、経営顧問契約の特徴です。
ことのほか、経営コンサルティングにおいては莫大な利益を伴うこともあります。
その場合、それに見合った報酬が求められたりもしがちです。
この点においても、具体的にどのような業務でどれだけの報酬が得られるのかを明確にしておく必要もあるのです。
さらに、コンサルティング業務に関わる関係諸法令の遵守はもちろんですが、気になるものに情報漏えいもあります。
企業秘密にしておきたい情報が、コンサルタントを通じて第三者に漏れては企業の損失になります。
ですから守秘義務の遵守についても、明記が必要です。
その逆に、コンサルタントの蓄積してきた助言などのノウハウを企業側が第三者に漏らせば、コンサルタントの不利益にも繋がる場合もあります。
コンサルタントの立場からすれば、これを防ぐための項目も必要になるのです。

経営顧問契約書を交わすにあたって 何事でも一定の成果を出せなければ、報酬は払いたくないものです。
そこで、どのような成果を目指しているのかも明記しておくべきです。
そして、その成果を実際に達成するだけの能力があるのか、コンサル数社を事前に調べておきましょう。
契約内容について、応じられる相手なのか直接面談して手応えを感じられる相手と契約しましょう。