【顧問プラス】顧問契約や顧問派遣・企業顧問で経営サポート(アクト・ジャパン)

  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせ

経営コンサルタントと企業顧問の違い

そもそも経営コンサルタントとは?

企業経営をしている人にとって頼りになる存在と言えば経営コンサルタントや企業顧問(経営顧問)でしょう。
この2つを同義語として使用しているケースもありますがそれは間違いで、実は全くの別物になります。
共に経営についてアドバイスをくれたりする点は同じですが、経歴なども全然違うことが多いです。
まず経営コンサルタントは、自らコンサルティング事務所を開設していたり、他者が開設している事務所に在籍して活動している人もいるでしょう。
そもそも経営コンサルタントとは? 自分で開設しているのであれば良質なコンサルタントサービスを行わないと客離れが起きてしまい倒産します。
そして在籍しているコンサルタントも必死で仕事を行わないと成績が上がらずに苦い思いをすることになるでしょう。
こういった背景があるので、経営コンサルタントは比較的積極的にアドバイスなどをくれ、経営改善に向けて動いてくれるでしょう。
もちろん事務所や人によりますが、クライアント企業の課題などを洗い出し、それを解決に導くために動いてくれるはずです。
経験豊富な企業経営者の中には全部自分で!という思いがある人もいますが、客観的な意見を聞いてみることもとても重要なことです。

企業顧問について知ることで経営コンサルタントとの違いも分かる

コンサルタントではなく企業顧問を経営顧問として雇い入れているケースや顧問を委託しているケースもあります。
顧問というキーワードで分かりますが、基本的には元企業経営者や役員など経営経験がある人が就きます。
専門的知識においては経営コンサルタントと大きく違いはありませんが、実地的な経験については企業顧問(経営顧問)のほうが勝っているでしょう。
特に経営顧問が得意としている分野と自社の業務内容が同一だと様々な経営面のアドバイスが得られます。
さらに経営顧問になる人の多くはすでに素晴らしい経歴を持っている人が多いため、人脈もかなり豊富です。
その人脈も上手く活かして経営の手助けをしてくれることもあるのでとても頼りになります。
経営コンサルタントは専門的知識から導き出す助言や提案によって経営を健全化させ、経営顧問は自らの経験や人脈を活かして手助けをしてくれるということなので、両者は似ているようで異なっているのです。
経営を行うというのはとても大変なもので、いつ状況が悪化するか分かりません。
いざという時のためにこれらのサービスを活用することも検討したいです。

企業顧問について知ることで経営コンサルタントとの違いも分かる