【顧問プラス】顧問契約や顧問派遣・企業顧問で経営サポート(アクト・ジャパン)

  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせ

人脈・ノウハウを経営顧問で活かせるOB顧問

OB顧問には他にはない特別な魅力がある

日本には数多くの企業が存在しており、その一部の企業が実際に経営顧問や経営コンサルタントの力も借りています。
油断すると倒産しかねないこの時代ですから、経営陣だけの力ではどうしても限界がありますし、優秀な人材の力を借りることは悪いことではなくむしろ褒められることでしょう。
OB顧問には他にはない特別な魅力がある 前社長や前会長が経営顧問に就くこともあれば、自社とはまったく別の企業出身のOB顧問を呼び寄せるという方法もあります。
自社の前社長や前会長が経営顧問になるとその発言力が大きすぎたり、そもそも経営改革しづらい状況になることも考えられます。
そこで、最近は素晴らしい経歴を持っているOB顧問に経営上のアドバイスをもらうというケースも急増しているのです。
特に超大手企業で役員として働いていた人などは引く手あまたでしょう。
長年出身企業にて経営に携わってきたという強みも持っていますし、様々なトラブル対処やプロジェクトの統括などもしてきたはずです。
一線から退いたからと言ってその実力を眠らせておくのは非常にもったいないことですから、OB顧問を検討してみてください。

OB顧問を迎えることで得られる嬉しいメリットとは?

前社長や前会長が経営顧問になっていると、なかなか具体的な相談ができません。
前体制を否定することになる可能性もあるため慎重になるのですが、それでは改革は無理です。
その点他社で活躍していたOB顧問を経営顧問として迎え入れると、忌憚なく意見交換ができますし、建設的な話し合いが可能です。
OB顧問側も自らの経験やノウハウをもとにしっかりとアドバイスをくれるので、自社に新しい風を吹き込めます。
また経験豊富なOB顧問の場合だと、驚くような人脈を構築しているケースもあり、必要に応じてそれを紹介などしてもらえるでしょう。
今までは人脈の少なさから不可能だった事柄であっても、人脈ひとつで可能になることも多々あるため、これはかなりのメリットだと言えます。
また経営者にとってOB顧問がいてくれるという状況は精神的にも好影響を与えてくれ、いつでも忌憚なく相談できる環境作りができるというのは嬉しいことです。
ノウハウや人脈は簡単に構築できるものではありませんし、他者がそれを簡単に提供してくれることなどないでしょう。
ですがOB顧問を迎え入れることにより、それらが容易に可能になるのは最大のメリットでしょう。

OB顧問を迎えることで得られる嬉しいメリットとは?