【顧問プラス】顧問契約や顧問派遣・企業顧問で経営サポート(アクト・ジャパン)

  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせ

経営顧問と関係のある学位・資格

経営顧問と関係のある学位

企業の社長の良きパートナーとして組織運営に参画する経営顧問ですが、この仕事自体はどんな資格を持っていても、あるいは持っていなくても名乗れる仕事です。
そのため素人からすると、どんな人間が信用できる人間なのか判断に困るところがあります。
しかし、経営に関する学位や資格が存在しているため、こういったものを持っている人ならば、ある程度の能力や経験があると判断してもよいでしょう。
経営顧問と関係のある学位にはMBAがあります。 経営顧問と関係のある学位 MBAという言葉は専門外の人にはあまり聞き覚えのない名称かもしれませんが、経営学を学んだことを証明する学位のことです。
経営学修士、つまりマスターオブビジネスアドミニストレーションの略称であり、大学院にて経営学を学んだ証なのです。
このMBAという学位は最初、アメリカなどで多くの卒業生を輩出しましたが、最近では日本の大学院でMBAを取得した人も多く誕生してきています。
MBAの持ち主を判断するにあたっては、どこの大学院にてMBAを取得したのか、ということもあわせて評価の対象に加えるとよいでしょう。

経営顧問と関係のある資格

経営顧問は学位だけでなく資格も判断基準の一つとなります。
経営顧問に関する国家資格として挙げられるのは、「中小企業診断士」です。
この中小企業診断士という資格は、企業の経営者の依頼を受け、経営状況を分析したり、経営手法のアドバイスを行うことができるという証になります。
こういった仕事は本来誰にでもできそうなものですが、中小企業診断士は「名称独占資格」と呼ばれるものであり、この資格を持っていない人間が中小企業診断士と名乗って営業活動することは法律で禁止されています。
この中小企業診断士は、会社を運営するにあたって必要な会計の知識、税務の知識、営業指標、売り上げの分析などの知識に長けており、具体的な数字をもとにした検討ができるでしょう。

経営顧問に密接に関係する資格や学位はこのようなものがありますが、もちろんそれ以外にも経営顧問として企業にアドバイスをしていく上で役に立つ学位や資格はごまんと存在します。
法律関係であれば司法書士、行政書士など、会計関係であれば公認会計士、税理士など、そのほか保険や資産運用に関してはフィナンシャルプランナーという職業も、使い方によっては企業の経営者にとって大きな力になってくれることでしょう。
いずれにせよ、自分がどんなアドバイスを求めていて、その分野に強い職業は何か、ということを把握することは重要です。
それらを考慮した上で適切な経営顧問を選びましょう。

経営顧問と関係のある資格