【顧問プラス】顧問契約や顧問派遣・企業顧問で経営サポート(アクト・ジャパン)

  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせ

経営顧問は、「企業のかかりつけ医」という発想

経営顧問が存在する意味について

多くの企業が経営顧問を雇ったり、サービスを定期的に利用しはじめたりと、今や経営顧問は珍しいものではなくなりました。
経営顧問はビジネスのヒントを与えてくれることもあれば、人脈を提供してくれることもある心強い存在です。
また、月次決算書や四半期決算書、半期決算書、本決算書などを見ることで、会社の状態がどうなっているか経営診断を行い、適切なアドバイスも受けられます。
経営顧問が存在する意味について 企業によって経営顧問に対して求めている内容は大きく異なりますが、根底にあるのは、プロに経営を診断してアドバイスが欲しいということでしょう。
このような関係はまるで医者と患者のように強い信頼関係の上で成り立つものであり、経営顧問はまさに「かかりつけ医」と呼ぶにふさわしい立場です。
経営顧問を設けていてもあまり深い関係を持っていないという企業もありますが、できれば頻繁に会社の状態を診てもらうことが理想です。
かかりつけ医ですから気軽な気持ちで経営顧問に相談するのは悪いことではありません。
顧問サービスを活用している企業が昔に比べて圧倒的に増加していることを考えれば、今の時代プロの助言なくしては成功しにくいという本音も見え隠れします。
病院に内科や外科や耳鼻科があるように、経営顧問にも様々な顧問サービスが生まれていますので、自社にマッチしたサービスを選ぶことが肝心です。

かかりつけ医だと考えれば経営顧問は身近な存在になる

企業を経営するのは誰もが知る通り難しいものです。
しかし経営顧問を頼ることで理想的な助言を得られるかもしれませんし、今まで気づくことすらなかったことに気付ける機会も持てます。
企業を経営している経営陣はもちろんプロではありますが、経営顧問は数多くの企業の中で様々な経験を積んでいます。
経営顧問をかかりつけ医として活用し、その豊富な経験から導き出されるアドバイスは大変貴重で有益なものです。
経営顧問に依頼したいけれど依頼することを躊躇してしまう人も少なくありませんが、かかりつけ医と捉えて気づいたことや会社の変化などを相談することをおすすめします。
たとえば、高齢者は何か不安事があるごとにかかりつけ医に通い相談しますが、医師はそれでもしっかり対応してくれます。
それと同じように、経営顧問にも気軽に相談をすることで健全経営に近づくことができるでしょう。
経営顧問によっては、経営の関する事柄だけではなくて、コンプライアンスについて、法律に関する問題、株主総会に関するアドバイスなど専門の知識を備えている場合もあります。
経営顧問サービスを難しく捉えずに、かかりつけ医という発想で活用してみてはいかがでしょうか。 かかりつけ医だと考えれば経営顧問は身近な存在になる