【顧問プラス】顧問契約や顧問派遣・企業顧問で経営サポート(アクト・ジャパン)

  • お問い合わせ電話番号
  • お問い合わせ

経営コンサルティングには経営顧問の他に2つの契約形態がある

経営コンサルティングのサービスについて

一口に経営コンサルティングといっても、経営コンサルティングに関するサービスはとても幅広く展開されています。
大きく分けると3つに契約形態を分類することができ、各企業に即する形で契約を選ぶことになります。
業務形態や事業内容も多様化していますので、それぞれの企業が希望するコンサルティングプランも異なります。
それに対して経営コンサルティングサービスを展開する企業は、やはり経営のプロですから、いち早く利用企業のニーズに応えようと各プランを用意しているのです。
経営コンサルティングのサービスについて ただし中にはユーザビリティに優れていないサービス内容のところもありますので、契約先が本当に優良企業なのかどうかをしっかりと確認してから契約することも大切です。
さて、経営コンサルティングの3つの契約形態ですが、最も馴染み深いのは経営顧問ではないでしょうか。
経営顧問は最も利用されているサービスであり、企業の経営にかかわる多くの相談に乗ってくれます。
経営面以外についても企業の将来についての相談やアドバイス、各種届け出業務の代行などを行うこともあります。
場合によっては通常の経営顧問だけでなく、給与計算業務も代行してくれるサービスもあり、経営顧問の特性を活用することでより細かいサポートが受けられるようになります。
経営状態の良化や刷新、企業風土の改革など、あらゆる事柄に対応しています。

スポット契約、プロジェクト契約という手段もある

経営コンサルティングサービスの契約形態には、スポット契約とプロジェクト契約もあります。
まずスポット契約は、名前の通りで、短い期間に集中して依頼するサービスです。
最短で1日から依頼できるところも多く、長くても1か月間くらいが普通です。
必要に応じて依頼しやすいので重宝されがちなプランで、利用している企業も数多く存在します。
確かに良い契約形態ですが、経営コンサルタント側に自社の状況をしっかりと把握してもらったうえでのアドバイスの方が望ましいので、ある程度長期間の契約のほうがより的確なアドバイスが受けられるはずです。
プロジェクト契約は何か達成すべきプロジェクトがある場合、自社内の人員だけでは厳しい…という場合に、経営コンサルティングサービスを依頼するものです。
利用されるプロジェクトは多岐に渡り、M&Aや収益の増大、経営体制の変更、各種システムの導入に関するものなど、多種多様です。
このように、経営顧問、スポット契約、プロジェクト契約という契約形態がありますが、目的に応じて使い分けることも必要です。
長期的に経営顧問契約をすると、コンサルタント側もしっかりと企業の細部についても理解してくれるので、希望通りのアドバイスが期待できるでしょう。 スポット契約、プロジェクト契約という手段もある